PsychJapan -心理についての面白くて深い話-

PsychJapanでは,心理に関係する面白くて深い話を,いろいろと取り上げて紹介していきます。

*

忘れていたことに気づけば治る!?|フロイトの精神分析理論の根底とは!?vol.1

   

さて,今回は「フロイトの精神分析理論」についてのお話です。

フロイト(Freud,S)の精神分析理論はどのようなことから出発したのでしょうか。

フロイト(Freud,S)の精神分析理論はどのようなことから出発したのでしょうか。

フロイト(Freud,S)という人物は精神科医であり、彼の独自の治療論をもとにして、精神分析というものが提唱されました。

その中でも、特に初期の考え方が取り上げられることが多く、今回もその初期の考え方ついてお話していきたいと思います。

 

フロイトの考えとは!?

フロイトは精神科医で、特にヒステリーと呼ばれる神経症について研究していました。

そして、催眠を使った治療法に興味をもち、ブロイエル(Breuer,J.)という人物の元へと行くことになりました。

そこで催眠を使った治療を行うことで、ヒステリーという神経症患者に催眠をかけ、忘れていた過去の体験を話させることで症状がなくなるということが明らかになっていきました。

そこで、フロイトはヒステリーの「原因」は「過去の体験を忘れていること」にあると考えました。

そして、忘れていた過去を思い出させることが、ヒステリーという神経症患者の治療になると考えたのです。

 

心的外傷理論(Psychic trauma theory)とは!?

実は、ここまでお話したことが「心的外傷理論」です。

つまり,病気の原因となるような「心的な外傷体験」が過去にあり、そのショッキングな体験への反応やその反応を示すためにあるエネルギーが行き場をなくした時に、病気という形となって現れてくるというものです。

したがって、治療法としては行き場をなくして忘れられてしまったエネルギーをきちんと発散させることになるのです。

これを催眠を使って思い出す、そして語るということが治療になると考えたのです。

 

スポンサードリンク

具体的には!?

それでは、具体的にどのようなことなのか、例を使ってお話したいと思います。

Aさんは若い女性です。
身体的な疾患はありませんが、麻痺があったり、失神したり、母国語を理解できず英語だけ理解できるという症状を示していました。
その中でも「コップから水を飲めない」という症状がありました。
あるとき、治療の中で催眠をかけて話を聞くと、次のようなことを思い出したのです。

「好きじゃない知り合いの家で食事をしていました。その時、犬がコップを舐めて水を飲んでいるところが目に入りました。それを見て、私はものすごく嫌で、不快で、でも失礼になると思って、そのことは誰にも言いませんでした。そういえば、そのあとからかな、コップから水が飲めなくなったんです。」

その後、コップに水をいれて手渡すとAは水を飲むことができました。

これは、フロイトの症例でアンナという人物のものを簡単にしたものです。

このように「犬がコップを舐めた」ことに対する「嫌で、不快で」という感情は「誰にも言わなかった」ことで行き場をなくしてしまっています。

Aはこの出来事を忘れていましたが、それを気づく、つまり意識化することによって症状が消えたということになるのです。

 

まとめ

さて、ここまで「フロイトの精神分析理論」についてお話してきました。

このように、初期の考え方では、「過去の忘れていた記憶を思い出す」ことが治療になると考えられています。

この考え方が注目を浴びたのは、「無意識という心のプロセスの存在」を明らかにしたからです。

そして、精神分析はこの初期の「心的外傷理論」のイメージが強く、精神分析は忘れていたことを思い出せば終わりと安易に考えられているところもあります。

しかし、フロイト自身はその後も精神科医として患者と向き合う中で、考え方を変えていくことになります。

精神分析理論はもっと複雑なものになっていくのです。

 - 精神分析

        

Google Adsense

Google Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

人の心の仕組みをフロイトはそのように考えたのでしょうか。
心には3つの領域がある!?|フロイトの提唱した局所論とは

さて,今回は精神分析を始めたフロイトFreud, S. が提唱した,局所論top …

防衛機制には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。
フロイトの提唱した防衛機制とは!?|その種類と例をわかりやすく解説 vol.2

さて,今回は「防衛機制」についてのお話です。 前回,自我の防衛機制について,それ …

フロイト(Freud, S.)人間の心理の構造をどのようなものと考えたのでしょうか。
局所論を越える心の3つの構造!?|フロイトが提唱した構造論とは

さて,今回は「構造論」についてのお話です。 以前,フロイト(Freud, S.) …

フロイト(Freud.S)の考え方はどのように変化したのでしょうか。
忘れていたことに気づけば治る!?|フロイトの精神分析理論の根底とは!?vol.2

さて,今回は「フロイトの精神分析理論」についてのお話します。 前回はその理論の中 …

夢分析にも考え方がいろいろあるのですね。
夢は満たされない欲望の現れ!?|フロイトやユングの夢分析とはvol.2

さて,今回は「夢分析」についてのお話です。 前回は,フロイト(Freud, S. …

フロイトに始まる防衛機制とは,どのようなものなのでしょうか。
フロイトの提唱した防衛機制とは!?|その種類と例をわかりやすく解説vol.1

さて,今回は「防衛機制」についてのお話です。 防衛機制とは,フロイトによって提唱 …

「転移(transference)」と「逆転移(counter-transference)」とはどのようなものなのでしょうか。
フロイトの提唱した転移と逆転移とは!?|例を交えてわかりやすく解説

さて,今回は「転移と逆転移」についてのお話です。 これまで,フロイトの精神分析に …

アイデンティティとはどのような概念なのでしょうか。
心理学におけるアイデンティティとは!?|その意味をわかりやすく解説

さて,今回は「アイデンティティ」についてのお話です。 心理学の世界を始めとして, …

防衛機制にはさまざまなものがあります。
フロイトの提唱した防衛機制とは!?|その種類と例をわかりやすく解説vol.3

さて,今回は「防衛機制」についてのお話です。 前回まで防衛機制がどのようなものか …

フロイト
精神分析とは?|フロイトが切り開いた心理学の大きな潮流vol.1

今回は,「精神分析」についての話です。 心理学において大変大きな潮流であり,フロ …