PsychJapan -心理についての面白くて深い話-

PsychJapanでは,心理に関係する面白くて深い話を,いろいろと取り上げて紹介していきます。

*

発達障害で仕事ができない,続かない!?|支援や適職は!?

   

さて,今回は「発達障害と仕事」についてのお話です。

発達障害は本当に仕事ができないのでしょうか?

発達障害は本当に仕事ができないのでしょうか?

これまでも発達障害についてお話してきました。

発達障害の定義については,以前の記事を参照して頂くことにして,今回は「仕事」ということについてお話していきたいと思います。

▼目次

  1. 発達障害は仕事ができない!?
  2. 支援はどうなっているの!?
  3. 適職にはなにがあるの!?
  4. まとめ

発達障害は仕事ができない!?

あなたの職場にもこのような人がいるかもしれません

  • 仕事上のミスが多い
  • いつも時間に遅れる
  • 人付き合いがうまくない
  • 場の空気が読めない
  • 人の話を聞いていない

・・・などなど。

もしかしたら,「ああ,あいつか…。」と思い当たる人がいるかもしれません。

たしかに,発達障害の症状から,このように見えてしまうことがあります。

本人は一生懸命やっているのですが「どうしてもそうなってしまう」のです。

 

支援はどうなっているの!?

現在,厚生労働省では,発達障害を対象とした就労支援が整備されています。

厚生労働省では,個々人を対象として3種類の対応をしてくれるようです。(発達障害者の就労支援 |厚生労働省HP

  • すぐに就職したい方
  • じっくり準備を進めていきたい方
  • 就職後も相談にのってもらいたい方

発達障害の方はこうした機関を利用することも一つの手段となるでしょう。

 

適職にはなにがあるの!?

発達障害は「仕事ができない」のでしょうか?

発達障害を抱えていても,ある分野では飛び抜けた才能を発揮するなど成功している人はたくさんいます。

以下のものが発達障害の適職だとされています。

  • 研究者やプログラマなどの専門職
  • 清掃業や工場管理などの作業職

発達障害の特徴を考えるとこのようになりますが,もちろんこれら以外にも適職はあると思います。

実際のところ,発達障害は環境によって大きく左右されるとも言え,周囲の理解も重要になって来るのです。

 

まとめ

しかし「周囲の理解が大切ですって言われてもなぁ。仕事だしきちんとしてくれないと困る。」と思われるかもしれません。

たしかにその通りですね。

「発達障害だから」というだけで,仕事上のミスを許すことは難しいことでしょう。

しかし,発達障害は「どうしてもそうなってしまう」といううまくいかない感じがあります。

許せないからといって,単に怒るだけではその人も自分も心理的につらくなるだけです。

その人がうまくやること考えるなら,一緒に「そうなった時」の対策を考える方がいいかもしれません。

「そうなってしまうことを防ぐ」,あるいは「そうなった時にどうするか」を一緒に考えておくことの方が大切なのかもしれませんね。

そして,大人の場合は,職場によって求められる能力が大きく異なります。

こうしたことを考えると,仕事上のミスが多いなどの上記の特徴があるからと行って,「あいつは発達障害だ」と決めつけてしまうのは,よくありません。

可能性のひとつとして頭の片隅に置いておく程度にしておく方がいいのかもしれませんね。

 - 発達障害

        

Google Adsense

Google Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

発達障害と才能は関係があるのでしょうか?
実は有名人や芸能人にも多い!?|発達障害は才能なのか!?

さて,今回は「発達障害と才能」についてのお話です。 発達障害とは,自閉症やアスペ …

発達障害と愛着障害の違いはどうなっているのでしょうか?
発達障害とは違う!?|愛着障害の特徴や原因は!?

さて,今回は「発達障害と愛着障害」についてのお話です。 これまで発達障害について …

「発達障害」とはどのようなものでしょうか?
発達障害とは一体なに!?|簡単にチェックできる特徴と症状を紹介

さて,今回は「発達障害」についてのお話です。   最近では「発達障害」 …