PsychJapan -心理についての面白くて深い話-

PsychJapanでは,心理に関係する面白くて深い話を,いろいろと取り上げて紹介していきます。

*

心理学におけるアイデンティティとは!?|その意味をわかりやすく解説

   

さて,今回は「アイデンティティ」についてのお話です。

アイデンティティとはどのような概念なのでしょうか。

アイデンティティとはどのような概念なのでしょうか。

心理学の世界を始めとして,今やアイデンティティという言葉は日常でも広く使われています。

ところで,このアイデンティティという言葉の意味はどのようなものでしょうか。

今回はこうしたアイデンティティについて,その意味や使い方,そして理論的な部分までわかりやすくお話していきたいと思います。

 

アイデンティティの意味とは!?

アイデンティティ(identity)とは,自己同一性とも呼ばれ,簡単に言うと「自分が自分であるという感覚」のことを言います。

つまり,自分のことを他の誰でもない自分であるということを実感している程度のことを言います。

この確固たる自分が自分であるという感覚をもっている人は,アイデンティティが「確立」しているという言い方をします。

逆に,確固たる自分が自分であるという感覚があまり強くなく,自分は自分だと感じられない人は,アイデンティティが「拡散(混乱)」しているという言い方をすることになります。

 

アイデンティティをもう少し詳しく!!

アイデンティティをもう少し詳しく見ていきましょう。

エリクソン(Erikson, E. H.)という人物がこのアイデンティティという概念を詳しく研究しているのですが,彼の主張によるとアイデンティティは4つの側面から構成されているとされています。

その4つの側面とは…

  • 自己斉一性・連続性
  • 対自的同一性
  • 対他的同一性
  • 心理社会的同一性

この4つの側面のことを言います。

自己斉一性・連続性とは,自分が自分であるという一貫性を持ち,時間的に連続しているという感覚を持つことをいいます。

対自的同一性とは,自分が何をしたいか,自分がどこに向かっているかがわかっているという感覚をもつことをいいます。

対他的同一性とは,他者から見られている自分と,自分が思っている自分とが一致しているという感覚をもつことをいいます。

心理社会的同一性とは,自分と社会との適応的な結びつきがあるという感覚をもつことをいいます。

これら4つのアイデンティティの感覚をもつことで,個人のアイデンティティ,つまり「自分が自分であるという感覚」が確立されていくことになるとされているのです。

スポンサードリンク

 

アイデンティティが問題となる時期は!?

さて,アイデンティティが問題となる時期としては「青年期」がとりあげられています。

青年期においてアイデンティティをうまく確立できるがどうかが,その人の発達において重要であると考えられています。

エリクソンは心理社会的な影響を心理学にとりいれました。

エリクソンは,フロイトに始まる精神分析的な考えをもった人物でありましたが,フロイトが心理性的な部分を重視した一方で,心理社会的な部分を重視したという点で心理学に貢献した人物であります。

しかし,当時の精神分析的な心理学には受け入れられにくかったという事実もありました。

むしろ精神分析以外の分野で広く受け入れられたことにも特徴があるかもしれません。

そのなかで,エリクソンは心理社会的な発達段階を提唱し,青年期の発達課題として「アイデンティティの確立 vs アイデンティティの拡散」という”対”の概念を提唱したのです。

こうした観点は,アイデンティティはもちろん青年期における課題でありながらも,青年期「のみ」の問題ではなく,生涯をかけて課題となり続けるものであることを主張するものとなっているのです。

 

まとめ

さて,ここまで「アイデンティティ」についてお話してきました。

エリクソンのアイデンティティの考え方は,4つの側面から構成されるものであり,さらに青年期特有の問題ではなく,その人の一生涯をかけた課題であるということになります。

つまり,「自分は自分であるという感覚」は常に変化し続け,常に新しく構成し直されているということですね。

自分自身のアイデンティティを追い求めることが人生の大きなテーマとなっているのかもしれませんね。

 - 精神分析

        

Google Adsense

Google Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

精神分析1
精神分析とは?|フロイトが切り開いた心理学の大きな潮流vol.2

さて,前回に引きつづいて,フロイト(Freud, S.)の精神分析についてです。 …

防衛機制にはさまざまなものがあります。
フロイトの提唱した防衛機制とは!?|その種類と例をわかりやすく解説vol.3

さて,今回は「防衛機制」についてのお話です。 前回まで防衛機制がどのようなものか …

防衛機制には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。
フロイトの提唱した防衛機制とは!?|その種類と例をわかりやすく解説 vol.2

さて,今回は「防衛機制」についてのお話です。 前回,自我の防衛機制について,それ …

フロイト
精神分析とは?|フロイトが切り開いた心理学の大きな潮流vol.1

今回は,「精神分析」についての話です。 心理学において大変大きな潮流であり,フロ …

フロイトに始まる防衛機制とは,どのようなものなのでしょうか。
フロイトの提唱した防衛機制とは!?|その種類と例をわかりやすく解説vol.1

さて,今回は「防衛機制」についてのお話です。 防衛機制とは,フロイトによって提唱 …

夢分析にも考え方がいろいろあるのですね。
夢は満たされない欲望の現れ!?|フロイトやユングの夢分析とはvol.2

さて,今回は「夢分析」についてのお話です。 前回は,フロイト(Freud, S. …

「転移(transference)」と「逆転移(counter-transference)」とはどのようなものなのでしょうか。
フロイトの提唱した転移と逆転移とは!?|例を交えてわかりやすく解説

さて,今回は「転移と逆転移」についてのお話です。 これまで,フロイトの精神分析に …

夢の世界はどのようなものなのでしょうか。
夢は満たされない欲望の現れ!?|フロイトやユングの夢分析とはvol.1

さて,今回は「夢分析」についてのお話です。 最近「夢」を見たのはいつでしょうか。 …

フロイト(Freud, S.)人間の心理の構造をどのようなものと考えたのでしょうか。
局所論を越える心の3つの構造!?|フロイトが提唱した構造論とは

さて,今回は「構造論」についてのお話です。 以前,フロイト(Freud, S.) …

フロイト(Freud.S)の考え方はどのように変化したのでしょうか。
忘れていたことに気づけば治る!?|フロイトの精神分析理論の根底とは!?vol.2

さて,今回は「フロイトの精神分析理論」についてのお話します。 前回はその理論の中 …