PsychJapan -心理についての面白くて深い話-

PsychJapanでは,心理に関係する面白くて深い話を,いろいろと取り上げて紹介していきます。

*

どうやって発散する!?|ストレス解消の4つのパターンとはvol.2

   

さて,今回は「ストレス解消」についてのお話です。

ストレス解消法の4つのパターンとはどのようなものでしょうか。

ストレス解消法の4つのパターンとはどのようなものでしょうか。

前回は「ストレス」について,その3つの段階についてお話しました。

そして,疲弊期ともなると心理的問題が大きくなってしまい日常生活に支障をきたす可能性が高くなることもお話しました。

そうならないためにも,適度に「ストレス解消」を行っておくことは,心理的な健康を保つために非常に重要なことであると言えます。

今回は,その「ストレス解消」の4つのパターンについてお話して行きたいと思います。

 

ストレス解消法とは!?

さて,「ストレス解消」と一口に言ってもさまざまなものがあります。

散歩をする,運動をする,大声を出す,カラオケに行く,楽器を演奏する,お酒を飲む,友人と食事に行く,友人に愚痴を言う・・・などですね。

こうした「ストレス解消法」は,「対処方略(coping strategy)」とも呼ばれます。

対処方略とは,ラザルス(Lazarus, R. S.)よよるものが代表的です。

コーピングとも言い,環境からの刺激に対する評価を通して生じた情動を,低減させるように動機づけられた行動です。

したがって,ストレスを発散する(低下させる)ためにとる,解消法はコーピング(対処方略)であると言えるのです。

 

コーピングの4つの種類とは!?

そして,これらさまざまなコーピングですが,実は4つのパターンにまとめることができます。

その4つのパターンとは・・・

  • 問題焦点型
  • 情動焦点型
  • 問題回避型
  • サポート希求

この4つのパターンです。

それでは,それぞれについて見ていくことにしましょう。

 

問題焦点型(problem-focused)とは!?

問題焦点型は,環境からの要請・課題・刺激に対して,それに答えたり解決したりするために,内的・外的な問題に焦点を当てて解決を目指すものです。

ストレスとなる出来事があった時に,何がストレスとなっているのかを分析します。

そして,その問題点を解決する方法を多く模索して実行していこうとします。

たとえば,上司に叱られた時には,その「叱られた」という出来事について考え,分析し,何が問題だったかを考え,解決できる方法を探していこうとするのです。

これは,ネガティブな感情になりにくく,ネガティブな状態から脱却することができるストレス解消法であると言えます。

一見すると,ストレスな出来事を考えているのでネガティブな感情を引き起こすように思えますが,客観的にその出来事を分析するという点では,ストレスを解消するのに最も有益なものであると言えるでしょう。

スポンサードリンク

 

情動焦点型(emotion-focused)とは!?

情動焦点型は,環境からの要請・圧力からくるネガティブな情動の苦痛を低減したり,コントロール不可能な場合にとるものです。

これは,気晴らしに買い物をしたり,お酒を飲んだりといったようなものです。

これらは,ストレスの根本的な解決にはなりませんが,落ち込んだ気分を回復させ,ストレスを戦えるだけのエネルギーを補充するという意味でも非常に重要なものであると言えます。

これには,行動によるものと,認知によるものがあります。

行動によるものは,運動したり飲酒したりといったように,行動によって情動を低減します。

認知によるものは,自分の頭の中で考えないようにしたり意味づけを変えたりします。

 

問題回避型(problem-avoided)とは!?

問題回避型は,ストレスの対象となるものから,行動的にも認知的にも回避することを言います。

闘争ー逃走反応の,逃走反応にあたるとも言えるかもしれません。

 

サポート希求(suppoert-seeked)とは!?

サポート希求は,周囲の人間からの支援や社会的スキルの向上によるものです。

たとえば,友人に愚痴を聞いてもらって発散することです。

あるいは自分のコミュニケーション能力を上げることによって,ストレスとなる出来事が生じないように予防することも含まれるでしょう。

 

まとめ

これまで,「ストレス解消」についてお話してきました。

ストレスは日常的に体験されるものでありながら,程度や期間によっては生命を失う可能性のあるものです。

自分でストレスに対処できることはとても重要なことになってきます。

あなた自身の「ストレス解消法」をなにかもっておくことは重要なことかもしれません。

そして,あなた自身の解消法が,4つのパターンのうちどれにあてはまるかということを知っておくことも役に立つかもしれませんね。

 - 臨床心理

        

Google Adsense

Google Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

認知行動療法とはどのようなものなのでしょうか。
認知行動療法とは一体!?|CBTのやり方とわかりやすい本を紹介

さて,今回は「認知行動療法」についてのお話です。 認知行動療法(Cognitiv …

気分を回復させる残り6つの方法とはどのようなものでしょうか。
落ち込んだ気分を回復させるには!?|簡単な10の方法を紹介vol.2

さて,今回は「落ち込んだ気分を回復させる方法」についてのお話です。 前回は,落ち …

不安の根本的な原因とはどのようなものなのでしょうか。
不安は障害や神経症につながる!?|その根本的な原因とはvol.3

さて,今回は「不安」についてのお話です。 これまで,不安を主な症状とする不安神経 …

フロイト
精神分析とは?|フロイトが切り開いた心理学の大きな潮流vol.1

今回は,「精神分析」についての話です。 心理学において大変大きな潮流であり,フロ …

不安障害や不安神経症はどのような症状なのでしょうか。
不安は障害や神経症につながる!?|その根本的な原因とはvol.1

さて,今回は「不安」についてのお話です。 以前,自由を与えられすぎると不安になっ …

「統合失調症」とはどのようなものなのでしょうか?
100人に1人!?|統合失調症の原因,症状,分類について解説vol.1

さて,今回は「統合失調症(Schizophrenia)」についてのお話です。 統 …

うつ病(depressive disorder)の原因とは,どのようなものなのでしょうか。
うつ病の症状と原因とは!?|チェック方法と接し方についても紹介vol.2

さて,今回は「うつ病」についてのお話です。 前回は,うつ病の症状とチェック方法と …

認知行動療法とはどのようなものでしょうか。
考え方を変えると悩みがなくなる!?|認知行動療法とは!?vol.1

さて,今回は「認知行動療法」についてのお話です。 以前にも,認知行動療法(CBT …

統合失調症の原因は果たして「遺伝」なのでしょうか?
統合失調症は遺伝する!?|統合失調症の原因,症状,分類について解説vol.2

さて,今回は「統合失調症」についてのお話です。 統合失調症の症状と分類については …

うつ病(depressive disorder)の症状はどのようなものなのでしょうか。
うつ病の症状と原因とは!?|チェック方法と接し方についても紹介vol.1

さて,今回は「うつ病」についてのお話です。 うつ病は,いまや誰にでもかかる可能性 …