PsychJapan -心理についての面白くて深い話-

PsychJapanでは,心理に関係する面白くて深い話を,いろいろと取り上げて紹介していきます。

*

子どもの心理は遊びに隠されている!?|プレイセラピーの意味と効果とはvol.2

   

さて,今回は「プレイセラピー」についてのお話です。

クラインやアクスラインはどのようにプレイセラピーを考えていたのでしょうか。

クラインやアクスラインはどのようにプレイセラピーを考えていたのでしょうか。

プレイセラピー(遊戯療法:play therapy)は遊びを中心として行われる心理療法のひとつです。

前回は,プレイセラピーがどのようなものであるかということと,アンナ・フロイト(Freud, A.)がどのように遊び(play)を心理療法に取り入れたかについてお話しました。

今回は,それに引き続いて,クライン(Klein, M.)やアクスライン(Axline, V. M.)がどのように遊びを心理療法に取り入れたかについてお話していきたいと思います。

 

クライン(Klein, M.)の遊びとは!?

クラインにとって心理療法における「遊び」は、どのように捉えられていたのでしょうか。

クラインは,遊びを大人と子どもの空いたの友好な媒介物として捉えていたようです。

アンナ・フロイトがは遊びを関係作りのための補助的なものとして捉えていました。

それに対して,クラインは「遊び」を対象とした精神分析が可能であると考えるようになりました。

そして,子どもの遊びには,無意識的な不安や願望が表現されるので,それを言語化して子どもに返していくことが重要であると考えたのです。

遊びを分析し,セラピストが積極的に言語化して意識化することによって,子どもの心理的な問題の解消につながっていくのだと考えたのです。

 

アクスライン(Axline, V. M.)の遊びとは!?

それでは,アクスラインの捉え方はどのようになっているのでしょうか。

アクスラインはクラインと同じく、遊びにとって子どもの無意識的な願望や不安といった心的な内容が表現されると考えました。

しかし,クラインがその象徴的な意味を解釈し言語化して伝え返すことに積極的であったのに対して,アクスラインはそういった点については重要視しませんでした。

アクスラインが重要視したのは,遊びは子どもの自己表現の自然な媒体であるため,遊びの感情体験を捉えそれを返すことであると考えたのです。

そして,セラピストの受容的な態度の下で,子どもが遊びによる自己表現の幅を広げ,それをまた受け入れられることで,人格的な変容が生じ,心理的な問題が解消されていくと考えました。

つまり,自己表現としての遊びをセラピストが受け入れます。

そして,受け入れてもらったことによって,遊びとしての自己表現の幅が広がります。

さらに,その幅の広がった自己表現としての遊びを,セラピストに受け入れてもらうことができます。

そうした循環的な流れの中で,子ども自身の人格に変容が生じ,これまで問題であったことを乗り越えていくことができるのです。

このような循環的な流れを生じさせるために8つの原則があることが,アクスラインによって,提唱されています。

スポンサードリンク

 

アクスラインの8原則とは!?

それでは,アクスラインの8つの原則とはそのようなものなのでしょうか。

ざっと目を通してみましょう。

  • ラポールを形成すること
  • あるがままの受容をすること
  • 許容的な雰囲気であること
  • 適切な情緒的反射をすること
  • 子どもに自身と責任をもたせること
  • 非指示的な態度で子どもに従うこと
  • 介入をし続けること
  • 必要な制限を与えること

この8つになります。

この8つの原則にしたがって,子どもと遊ぶことができるようになると,子どもは自らの問題を自ら乗り越えていけるようになると考えられているのです。

 

まとめ

これまで「プレイセラピー(遊戯療法:play therapy)」についてお話してきました。

アンナ・フロイトは遊びを補助的なものとして,クラインとアクスラインは遊びを子どもの精神内界表現するものとして捉えました。

その中でも,クラインは遊びを精神分析の対象として積極的にその象徴的な意味を解釈し言語化して返すことが重要であると考えました。

一方で,アクスラインは自身の精神内界の表現である遊びの「幅」を広げ,それを受け入れてもらえる体験が子どもにとって重要であると考えました。

そして,それを促すための8つの原則を提唱しました。

これは,「アクスラインの8原則」として,現在でも大変重要な原則とされています。

 - 臨床心理

        

Google Adsense

Google Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

うつ病(depressive disorder)の症状はどのようなものなのでしょうか。
うつ病の症状と原因とは!?|チェック方法と接し方についても紹介vol.1

さて,今回は「うつ病」についてのお話です。 うつ病は,いまや誰にでもかかる可能性 …

認知行動療法とはどのようなものでしょうか。
考え方を変えると悩みがなくなる!?|認知行動療法とは!?vol.1

さて,今回は「認知行動療法」についてのお話です。 以前にも,認知行動療法(CBT …

性同一性障害とはどのようなものなのでしょうか。
自分は男性か女性か!?手術や就職はどうする!?|性同一性障害とは

はじめに さて,今回は「性同一性障害」についてのお話です。 性同一性障害(gen …

フロイト
精神分析とは?|フロイトが切り開いた心理学の大きな潮流vol.1

今回は,「精神分析」についての話です。 心理学において大変大きな潮流であり,フロ …

認知行動療法は実際にどのように行われているのでしょうか。
考え方を変えると悩みがなくなる!?|認知行動療法とは!?vol.3

さて,今回は「認知行動療法」についてのお話です。 前回は,認知行動療法(CBT) …

プレイセラピー(遊戯療法:playtherapy)とはどのようなものなのでしょうか。
子どもの心理は遊びでわかる!?|プレイセラピーの意味と効果とはvol.1

さて,今回は「プレイセラピー」についてのお話です。 プレイセラピー(遊戯療法:p …

ストレス(stress)とはどのようなものなのでしょうか。
どうやって発散する!?|ストレス解消の4つのパターンとはvol.1

さて,今回は「ストレス解消」についてのお話しです。 あなたは日常の生活において, …

不安障害や不安神経症はどのような症状なのでしょうか。
不安は障害や神経症につながる!?|その根本的な原因とはvol.1

さて,今回は「不安」についてのお話です。 以前,自由を与えられすぎると不安になっ …

不安障害の下位障害について見ていきましょう。
不安は障害や神経症につながる!?|その根本的な原因とはvol.2

さて,今回は「不安」についてのお話です。 前回は不安について,それを主な症状とす …

心理学における「心的現実(psychic reality)」とはどのようなものでしょうか?
現実は2つある!?|心理学における心的現実,外的現実の意味とは!?

さて,今回は「心的現実(psychic reality)」についてのお話です。 …