PsychJapan -心理についての面白くて深い話-

PsychJapanでは,心理に関係する面白くて深い話を,いろいろと取り上げて紹介していきます。

*

フロイトの提唱した転移と逆転移とは!?|例を交えてわかりやすく解説

   

さて,今回は「転移と逆転移」についてのお話です。

「転移(transference)」と「逆転移(counter-transference)」とはどのようなものなのでしょうか。

「転移(transference)」と「逆転移(counter-transference)」とはどのようなものなのでしょうか。

これまで,フロイトの精神分析については,さまざまなことをお話してきました。

今回は,そのフロイトの精神分析において非常に重要な概念である「転移と逆転移」についてお話ししていきたいと思います。

 

転移(transference)とは!?

転移とは,フロイト(Freud, S.)が発見し提唱した概念です。

これは,クライエントとセラピストとの相互関係のうち,クライエントからセラピストに対して向けられたものをいいます。

この転移という現象は,一般的に「本来は過去の重要な人物に対して向けられるべき感情を,対象をセラピストに替えて再体験すること」とされています。

たとえば,幼い頃に,親(=重要な他者)に対して抱いていたが抑圧した怒り(感情)を,大人になって精神分析という取り組みの中で,セラピストに対して怒りをぶちまけることなどです。

他にも,幼い頃に,親に対して抱いていたが抑圧した恋心を,大人になってセラピストに対して,好きと言ったり誘惑したりすることなどです。

 

転移は抵抗(resistance)!?

フロイトは当初,転移を治療の妨げとなるものとして考えていました。

転移という概念が整理される前は,フロイトにとって,この感情をぶつけられる体験は,治療が進まなくなってしまう原因でしかなかったのです。

というのも,精神分析は自由連想を用いて,過去を思い出しながら症状の原因を明らかにしていくこが目的となっています。

しかし,こうした感情をぶつける行為は過去を思い出すことではないのです。

こうした点から,転移は治療の妨げである抵抗(resistance)の一つであると考えられていました。

しかし,しだいに転移が過去の重要な体験,特に無意識的な内容に近づくのに有効なきっかけとなることがわかってきました。

 

転移は治療を発展させるきっかけ!?

転移は,過去の重要な他者とのやりとりを,セラピストとのやりとりの中で再体験しようとしていることです。

つまり,過去の満たされなかった体験を明らかにするヒントとなるのです。

こうした意味で,転移は治療を進めるきっかけとして重要なものとして考えられるようになったのです。

転移を扱うことによって,自由連想によって過去を思い出すだけではたどり着けない,より無意識の深層部分に迫ることが可能となったとされています。

スポンサードリンク

 

転移には2種類ある!?

それでは,転移にはどのようなものがあるのでしょうか。

大きく分けて2つの種類があるとされています。

その2つとは。。。

  • 陽性転移
  • 陰性転移

では,それぞれについて見ていきましょう。

陽性転移

陽性転移とは,クライエントからセラピストに向けられる,肯定的な感情の転移のことをいいます。

たとえば,クライエントがセラピストに対して,恋愛感情を抱いたり,過度と思われるほどの信頼を置くなどといったことです。

陰性転移

陰性転移とは,クライエントからセラピストに向けられる,否定的な感情の転移のことをいいます。

たとえば,クライエントがセラピストをとてもひどい人だとして嫌ったり,暴言を吐いたりなどといったことです。

 

逆転移(counter-transference)とは!?

転移が「クライエント→セラピスト」であったのに対して,逆転移は「セラピスト→クライエント」という方向性をもつものです。

セラピストからクライエントに対して向けられる感情反応のことです。

これも当初は,抵抗のひとつとされていましたが,クライエントに「共感」するために必要な部分もあることが認められるようになりました。

治療においては,逆転移は危険物であると同時に非常に意味のあるものと考えられるようになりました。

 

まとめ

ここまで「転移と逆転移」ということについてお話ししてきました。

フロイトが抵抗のひとつとしてしか考えていなかった転移は,しだいに治療への有効性が認められるようになりました。

逆転移も抵抗のひとつであると同時に,うまく扱えば治療を進展させるきっかけとなることも認められています。

このように,精神分析において「転移」,そして「逆転移」という概念は非常に重要なものであると言えます。

 - 精神分析

        

Google Adsense

Google Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

フロイト(Freud, S.)人間の心理の構造をどのようなものと考えたのでしょうか。
局所論を越える心の3つの構造!?|フロイトが提唱した構造論とは

さて,今回は「構造論」についてのお話です。 以前,フロイト(Freud, S.) …

防衛機制にはさまざまなものがあります。
フロイトの提唱した防衛機制とは!?|その種類と例をわかりやすく解説vol.3

さて,今回は「防衛機制」についてのお話です。 前回まで防衛機制がどのようなものか …

フロイト
精神分析とは?|フロイトが切り開いた心理学の大きな潮流vol.1

今回は,「精神分析」についての話です。 心理学において大変大きな潮流であり,フロ …

夢分析にも考え方がいろいろあるのですね。
夢は満たされない欲望の現れ!?|フロイトやユングの夢分析とはvol.2

さて,今回は「夢分析」についてのお話です。 前回は,フロイト(Freud, S. …

精神分析1
精神分析とは?|フロイトが切り開いた心理学の大きな潮流vol.2

さて,前回に引きつづいて,フロイト(Freud, S.)の精神分析についてです。 …

人の心の仕組みをフロイトはそのように考えたのでしょうか。
心には3つの領域がある!?|フロイトの提唱した局所論とは

さて,今回は精神分析を始めたフロイトFreud, S. が提唱した,局所論top …

アイデンティティとはどのような概念なのでしょうか。
心理学におけるアイデンティティとは!?|その意味をわかりやすく解説

さて,今回は「アイデンティティ」についてのお話です。 心理学の世界を始めとして, …

フロイト(Freud,S)の精神分析理論はどのようなことから出発したのでしょうか。
忘れていたことに気づけば治る!?|フロイトの精神分析理論の根底とは!?vol.1

さて,今回は「フロイトの精神分析理論」についてのお話です。 フロイト(Freud …

防衛機制には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。
フロイトの提唱した防衛機制とは!?|その種類と例をわかりやすく解説 vol.2

さて,今回は「防衛機制」についてのお話です。 前回,自我の防衛機制について,それ …

夢の世界はどのようなものなのでしょうか。
夢は満たされない欲望の現れ!?|フロイトやユングの夢分析とはvol.1

さて,今回は「夢分析」についてのお話です。 最近「夢」を見たのはいつでしょうか。 …