PsychJapan -心理についての面白くて深い話-

PsychJapanでは,心理に関係する面白くて深い話を,いろいろと取り上げて紹介していきます。

*

ピアジェが提唱した発達の理論とは!?|各段階の特徴をまとめて解説vol.4

   

さて,今回は「ピアジェの発達理論」についてのお話です。

前操作期の特徴とはどのようなものでしょうか。

前操作期の特徴とはどのようなものでしょうか。

前回まで,ピアジェの発達的認識論について,重要な概念や発達段階についてお話してきました。

前回は特に,感覚-運動期における「対象の永続性」という部分について詳しくお話してきました。

今回は,第二の発達段階である「前操作期」についてお話していきたいと思います。

 

前操作期(preoperational period)とは!?

前操作期とは,2~7歳の時期のことを言います。

そして,操作(operation)はまだ用いることができず行為は内在化されていません。

その前操作期は,4歳前後に発達的変化がありそれを境に2つの下位段階が設定されています。

その2つとは・・・

  • 前概念的思考段階
  • 直観的思考段階

この2つです。

では,それぞれについてお話していきましょう。

スポンサードリンク

前概念的思考段階とは!?

これは,思考が表象や象徴による心的イメージによって行われます。

しかし,概念に基づく思考はなされません。

イメージによる思考はできますが概念というより抽象的な思考ができないので,たとえばA家の犬とB家の犬は,「犬」という共通点をもたないまったくもって別のものとして考えられます。

直観的思考段階とは!?

これは,思考が心的イメージによって行われます。

そしてカテゴリーを伴う概念的な思考が可能となります。

しかし,事象に対する知覚(視覚的情報など)に左右されやすいという限界も持っています。

このために,同じ体積の粘土でも,球体にたっているものと,楕円状になっているものでは楕円状になっているものの方が体積が大きいと認識してしまうことになります。

 

前操作期最大の特徴である象徴機能(symbolic function)とは!?

一方で,感覚-運動期を経て獲得された対象の永続性や表象能力を基礎として,「象徴機能(symbolic function)」が獲得されていくことが大きな特徴でもあります。

象徴機能とは,ある事物を他の事物で表すことを言います。

これが可能となることによって,目の前にはない活動ができたり,ある役割になりきって行動することができるようになります。

活動内容が特定されたものである場合には,「ごっこ遊び」と呼ばれるものになります。

たとえば,「おままごと」はごっこ遊びの代表例ですが,これは目の前にない食べ物を食べる仕草や家庭内のある役割になりきって活動することが求められています。

このように,象徴機能によって目の前にないものを再生することが可能となってくるのです。

 

まとめ

ここまで「ピアジェの発達理論」について,前操作期における2つの下位段階や象徴機能についてお話してきました。

前操作期象徴機能が成立するということが,最大の特徴であると言えます。

この象徴機能によって,心的イメージによる思考が可能となるのです。

そして,より抽象的な共通点を導き出せるようになり概念的思考が成立するのが,4歳前後であるとされているようです。

直観的思考段階に知覚情報に左右されやすいことをお話しましたが,次第にひとつの知覚のみではなく,複数の知覚情報によって反応を修正しようとする直観的調整作用がはたらくようになります。

たとえば,丸い粘土をどんどん細長くしていくと,ある長さまでは,「長いほうが大きい」という情報にひっぱられて,丸いものより長いものの方が体積が大きいと考える傾向にあるようです。

しかし,ある長さ以上になると「細い方が小さい」という情報によって,長いけれども細いので丸いほうが大きいと考えを修正することがあるのです。

これは,脱中心化(decentering)というものが関係しています。

そして,次の具体的操作期の準備段階としての時期であるとされています。

また,このあたりについてもお話していければと思います。

 - 発達心理

        

Google Adsense

Google Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ヴィゴツキーの「最近接領域」の考え方はとても重要なものです。
教育の本質はここにあり!?|ヴィゴツキーの最近接領域の意味とは

さて,今回は「発達の最近接領域」についてのお話です。 「発達の最近接領域」とは, …

愛着に影響を与える要因は子どもにも養育者にもあります。
ボウルビィの提唱した愛着理論とは!?|形成過程や障害についても解説vol.3

さて,今回は「愛着」についてもお話です。 前回までも,愛着について,内的作業モデ …

心の理論(Theory of Mind)とはどのようなものでしょうか。
発達心理学の心の理論とは!?|課題や成立年齢,自閉症との関連について解説

さて,今回は「心の理論(Theory of Mind)」についてのお話です。 あ …

ピアジェ(Piaget, J.)とヴィゴツキー(Vygotsky, L. S.)の言語発達の考え方はどのようなものなのでしょうか。
ピアジェとヴィゴツキーで違う!?|内言と外言,自己中心的言語とは

さて,今回は「言語発達」についてのお話です。 あなたは日々の生活たくさんのことば …

ピアジェの自己中心性とはどのような考えなのでしょうか。
子どもは人の気持ちがわからない!?|ピアジェの自己中心性の特徴とは

さて,今回は「ピアジェの自己中心性」についてのお話です。 これまで,ピアジェの発 …

子どもの発達はのびのびとしていてほしいものですね。
肯定が子どもの発達には悪影響!?|子どもを最もダメにする3つのこととは

さて,今回は「子どもの発達」についてのお話です。   私たちの生活に影 …

ボウルビィの提唱した「愛着」とはどのようなものでしょうか。
ボウルビィの提唱した愛着理論とは!?|形成過程や障害についても解説vol.1

さて,今回は「愛着」についてのお話です。 愛着という概念は,人間にとってとても大 …

実際の「働きかけ」はどのようにすればいいのでしょうか?
前操作期の子どもたちへの働きかけは!?|ピアジェの発達段階説の実際

はじめに さて,今回は「前操作期」についてのお話です。 以前、ピアジェ(Piag …

ファンツ(Fantz, R.)の開発した「選好注視法」とはどのようなものでしょうか。
ファンツの開発した選好注視法とは!?|その実験と問題点について解説

さて,今回は「選好注視法(preferential looking method …

ピアジェ(Piaget, J.)の提唱した具体的操作期とはどのようなものでしょうか。
ピアジェが提唱した発達の理論とは!?|各段階の特徴をまとめて解説vol.5

さて,今回は「ピアジェの発達理論」についてのお話です。 これまで,ピアジェ(Pi …