PsychJapan -心理についての面白くて深い話-

PsychJapanでは,心理に関係する面白くて深い話を,いろいろと取り上げて紹介していきます。

*

精神分析とは?|フロイトが切り開いた心理学の大きな潮流vol.2

      2014/12/13

さて,前回に引きつづいて,フロイト(Freud, S.)の精神分析についてです。

精神分析1

精神分析には寝椅子を使うこともあります。

前回の記事で,簡単にするために3点あげました。

スポンサードリンク
  1. 「無意識」を前提とする。
  2. 「無意識」の深層を研究する。
  3. 深層にある「無意識」を意識する。

今回はそれらを具体的に見ていきたいと思います。

「無意識」を前提とする?

「無意識」を前提とするということはどういうことでしょうか。

現在,普通に生活していたら,人間に無意識があるって当たり前のように思いますね。

「無意識に〇〇してた~。」とか言いますからね。

ですが,無意識は客観的に外から見て存在しているとは言い切れません。存在しないとももちろん言えませんが。

心理について,あれやこれや言う時に,あるかわからない無意識をどのように扱うか,立場を明らかにしておかないといけなかったみたいですね。

なので,心理学理論の中には,無意識を想定しない理論も当然存在します。

一方,フロイト先生は,「人間には『無意識』というものがあって,その無意識が人間の行動に影響するのだ!」と考えたのです。

「無意識」の深層を研究する?

では,「無意識」の深層はどのようになっているとされるのでしょうか。

フロイト先生は当初,意識と無意識という2つで人間の心を捉えようとしました。

特に無意識については,「抑圧されたものの溜まり場」としていたようです。つまり,主に嫌だなと思っていることや認めたくない事で,忘れて(意識の外に追いやって)しまったものが,溜まる場所と考えたのです。

そして,それが「行動」に影響を与えると考えました。そうして,エディプスコンプレックス(Oedipus complex)や幼児性欲説などが提唱されるようになります。

しかし,次第に3つの層があると考えるようになりました。

  • 意識・・・現在,知覚していること。
  • 前意識・・・注意を向ければ,意識することが可能なこと。
  • 無意識・・・簡単には意識することができないこと。

その後,心の構造について3つの機能(自我‐エス‐超自我)を想定するようになります。このように,フロイト先生は「無意識」を含めた心の仕組みについて研究していくことになります。

深層にある「無意識」を意識する?

では,深層にある「無意識」を意識するということはどのようにするのでしょうか。

それには多くの技法が用いられます。

有名なのは,自由連想(free assosiation)や夢分析(dream analysis)と呼ばれるものでしょう。フロイト先生は,自由連想を好んで用いていたようです。

自由に連想をしてことばに出すことによって,そのつながりからふっとそれまで忘れてしまっていた(抑圧された)記憶や感情を,思い出す(意識化する)のです。

まとめ

このようにフロイト先生は現在の精神分析の土台を築き上げました。

一方で,エディプス・コンプレックスや幼児性欲説など,他の人からの理解がなかなか得られない部分も多々あったようです。

それに固執するあまり,アドラー(Adler, A.)やユング(Jung, C.)らと袂を分かつ結果となっています。

彼としては,彼の築き上げた理論に自信を持っていたのでしょうし,精神分析を提唱したのは自分なのだから,自分の理論はこうであると貫きたかったのかもしれませんね。

 - 精神分析, 臨床心理

        

Google Adsense

Google Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

フロイト
精神分析とは?|フロイトが切り開いた心理学の大きな潮流vol.1

今回は,「精神分析」についての話です。 心理学において大変大きな潮流であり,フロ …

不安障害の下位障害について見ていきましょう。
不安は障害や神経症につながる!?|その根本的な原因とはvol.2

さて,今回は「不安」についてのお話です。 前回は不安について,それを主な症状とす …

フロイト(Freud,S)の精神分析理論はどのようなことから出発したのでしょうか。
忘れていたことに気づけば治る!?|フロイトの精神分析理論の根底とは!?vol.1

さて,今回は「フロイトの精神分析理論」についてのお話です。 フロイト(Freud …

フロイト(Freud, S.)人間の心理の構造をどのようなものと考えたのでしょうか。
局所論を越える心の3つの構造!?|フロイトが提唱した構造論とは

さて,今回は「構造論」についてのお話です。 以前,フロイト(Freud, S.) …

認知行動療法とはどのようなものなのでしょうか。
認知行動療法とは一体!?|CBTのやり方とわかりやすい本を紹介

さて,今回は「認知行動療法」についてのお話です。 認知行動療法(Cognitiv …

防衛機制にはさまざまなものがあります。
フロイトの提唱した防衛機制とは!?|その種類と例をわかりやすく解説vol.3

さて,今回は「防衛機制」についてのお話です。 前回まで防衛機制がどのようなものか …

うつ病(depressive disorder)の原因とは,どのようなものなのでしょうか。
うつ病の症状と原因とは!?|チェック方法と接し方についても紹介vol.2

さて,今回は「うつ病」についてのお話です。 前回は,うつ病の症状とチェック方法と …

「統合失調症」とはどのようなものなのでしょうか?
100人に1人!?|統合失調症の原因,症状,分類について解説vol.1

さて,今回は「統合失調症(Schizophrenia)」についてのお話です。 統 …

ストレス(stress)とはどのようなものなのでしょうか。
どうやって発散する!?|ストレス解消の4つのパターンとはvol.1

さて,今回は「ストレス解消」についてのお話しです。 あなたは日常の生活において, …

人の心の仕組みをフロイトはそのように考えたのでしょうか。
心には3つの領域がある!?|フロイトの提唱した局所論とは

さて,今回は精神分析を始めたフロイトFreud, S. が提唱した,局所論top …