PsychJapan -心理についての面白くて深い話-

PsychJapanでは,心理に関係する面白くて深い話を,いろいろと取り上げて紹介していきます。

*

人の心はコンピュータ!?|認知心理学とは

   

さて,今回は「認知心理学」についてのお話です。

認知心理学では人間の認知機能をコンピュータとして考えます。

認知心理学では人間の認知機能をコンピュータとして考えます。

あなたは認知心理学と聞いて何を思い浮かべますか?

「認知に関するの心理学だから・・・うーん・・・」
「認知・・・そもそも認知って何よ」

という感じですね。

認知とは,ある対象を判断したり解釈したりする過程のことです。

つまり『「○○は△△だ」とわかる』ということだと思えばよいでしょう。

これに関する心理学ですから,「ある対象を判断したり解釈したりする過程に関する心理学」ということになりますね。

とは言っても,わかりにくいですから以前お話した行動主義と関連させてお話しましょう。

 

認知心理学は行動主義へのアンチテーゼ!?

行動主義は外界からの刺激(S)に対して,人間がどのように反応(R)するかを記述することを目的としています。

心は行動!?|ワトソンに始まる行動主義の大きな潮流vol.1
心は行動!?|ワトソンに始まる行動主義の大きな潮流vol.2

つまり,S-Rの連合を明らかにすることが目的です。

したがって,行動主義はS-R連合の間にあるものについては言及しません。

というより,その間には「なにもない」と仮定してさえいるのです。

なぜでしょうか。

実はS-R連合の間に何かあったとしても,客観的に観察できないからなのです。

客観的に観察できないものを仮定しても意味がない,とするのが行動主義的な考え方なのです。

とは言ってもやはり,そこには何らかの間を取り持つ存在がいるはずだとする人が大勢出てきます。

そこで,刺激(S)と反応(R)との間に「Black Box」としての有機体(O)を仮定しようという人たちが現れ始めます。

そして,S-O-Rの連合について考え始めるのです。

これは新行動主義と呼ばれます。

認知心理学にも少なからずこの影響はあるでしょうが,アンチテーゼかと言われるとちょっとどうなのでしょうか。

スポンサードリンク

人間の脳はコンピュータ!?

こうした流れの中,コンピュータが発展します。

すると,S-O-Rの「O」をコンピュータのような計算処理をするものとして捉えようとする動きが盛んになります。

このように,人間の認知機能をコンピュータのようにとらえ,情報を処理する過程であるとして考えることで,認知過程を解明しようとしたものが認知心理学になります。

つまり,

  1. 外界からの情報の入力(=感覚を通して外界の刺激を知覚する)
  2. 情報処理(=認知過程として外界の刺激を処理する)
  3. 処理結果の出力(=認知過程を経た結果として外界を反応・判断する)

という流れによって,外界の刺激を認知すると考えられたのです。

こうした流れの中で,その情報処理の仕組み,つまりコンピュータでいうプログラムについての研究がなされることになります。

そして,記憶,感情,思考,精神状態などの個人内の要因についての研究が数多くなされ,さまざまなモデルや仮説がたてられていくことになるのです。

 

まとめ

これまで,「認知心理学」についてそれがだいたいどのようなものであるかということについてお話してきました。

認知心理学は,人間の認知過程をコンピュータのような情報処理過程としてとらえ,それについて研究しているところが一番の特徴です。

近年では,その情報処理過程すべてを担当する1つのプログラムではなく,それぞれ固有の担当領域を持った複数のプログラムからなると考えられています。

また,認知過程を個人内にのみ閉じたものではなく,状況による影響を受けるものであると考えられるようになりました。

この辺についてはまたお話できればと思います。

 - 認知心理

        

Google Adsense

Google Adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Banker
銀行業界で働くと嘘つきになる!?|プライミングを利用した実験で得られた驚きの結果

あなたは銀行業界で働く人をどのように思うでしょうか。 スーツも髪型もビシッと決め …

「忘れなくても忘れられない」のはつらいこともあります。
忘れたいと思うと忘れられない!?|シロクマ実験と皮肉過程理論とは

さて,今回は「忘れたいけど忘れられない」ということについてのお話です。 あなたは …

記憶の仕組みは心理学ではどのようになっているのでしょうか。
記憶には2つの貯蔵庫がある!?|アトキンソンとシフリンの記憶のモデルとは

さて,今回は「記憶のモデル」についてのお話です。 以前,認知心理学が人間の認知を …